LALABIKO

芸能情報から美容、健康等、気になる事を記事にしていきます。

熱中症になりやすい人の体調や体質と特徴

   

夏は要注意な熱中症になりやすい人の体調や体質と特徴をまとめてみました。

ひまわり

熱中症の症状などこちらに詳しく書いた記事がありますので参考にしてください。
熱中症になる前に4つの症状と原因、対処方法と予防を知ろう

同じ環境で同じことをしているのになる人とならない人がいますが
その時の体調や体質などが影響しています。

どのような人やどのような時に注意するべきか知っておきましょう。

当てはまる人は要注意ですよ!

なったことがないから大丈夫なんて思ってると痛い目にあいます。

以前までならなくても体調が変わると関係ないですからね。

スポンサーリンク

熱中症になりやすい体調とは

  • 寝不足
  • 栄養のある食事をしっかり取れていない
  • 二日酔い
  • 下痢の時
  • 食欲がない、空腹の時

こんな体調の時は気をつけるべきです。

下痢の場合は水分を出してしまう為、脱水症状を誘発してしまいます。
こまめに水分補給をしましょう。

栄養が取れていない、食欲がなく空腹の場合や二日酔いなどの場合、
塩分などが不足し、腎臓などが正常に働かず、熱中症などを引き起こします。

暑い時には人の体は汗をかいて体温を調節しますが上記の体調の場合
体温を調節する機能が正常に働かなくなります。

こんな時は暑い場所はさけて水分補給をこまめに行い、涼しく過ごし、
体調を回復させましょう。

また、暑さに慣れていない場合にも熱中症になりやすい為、急に暑くなった日等はなるべく
暑い場所にいるのは避けましょう。

日頃から運動をして汗をかくことで体温を調節する機能がうまく働きます、簡単な運動でもいいので
体を動かして汗をかきましょう。

体内にこもった熱を外に出すには汗をかくことが大切です。

バランスの良い食事を心がけ、スタミナをつけるために、
豚肉やレバー、にんにく、ピーマンなどが
夏バテの予防にもなるのでオススメです

熱中症になりやすい体質と特徴とは

性別

熱中症で救急搬送される人の男女比は、7:3となっています。

男性は筋肉量が多くて脂肪が少ないというのが特徴であり、
筋肉は運動をするなど、体を動かすときに熱をだして体温が上がります。

脂肪は体温より体の外の温度が高ければ熱を逃がす働きをします。
逆に寒いと熱を溜め込む働きをします。

その結果筋肉が多く脂肪の少ない男性は体温が上がりやすいという特徴があり、
熱中症になりやすいです。

汗をかかない人

運動してもあまり汗をかかない人がいますが、
汗には熱を外に出すという働きがあります。

その為、汗をかかない人は熱が体の中にたまってしまい、
うまく体温の調節ができていないので熱中症になりやすいです。

汗をかかない人は、基礎代謝が低く、
汗をかきずらいので日頃から運動をして基礎代謝を
上げて暑さに慣れるようにしましょう。

肥満の人

脂肪は熱と体の外に逃がす働きがあると書きましたが、
あくまで標準的な脂肪の量の場合です。

肥満の人は多すぎる脂肪が原因で熱を外に逃がそうとしても
多すぎる脂肪がブロックしてしまい、体に熱がたまってしまい
熱中症になりやすいです。

日頃の健康のためにも、熱中症になりやすい季節は夏ということもあり、
海に行く場合のためにも痩せて健康的な体にしましょう。

運動中、屋外作業中の人

体を動かすことにより体温があがり、汗をかきます。
それに見合った水分の補給を怠ることで脱水症状になり、熱中症になりやすいです。
また、長時間直射日光にあたっていることも原因です。

体温を下げるよ体の機能よりもはやく体温が上がってしまうため、
こまめに水分、休憩をとり体を冷やしましょう。

乳幼児・小児

大人に比べて代謝が高く、体温も大人に比べると高いく、
体温の調節機能も未発達なため、うまく体温をさげられないので熱中症になりやすいです。

こちらに詳しく書いた記事がありますので参考にしてください。
子供や幼児、赤ちゃんが熱中症になりやすい理由とサイン

妊娠中の人

妊婦の人は妊娠前よりも基礎体温が高く、基礎代謝も高くなり、
汗をかきやすくなります。

汗は熱を逃がす働きをすると書きましたが、これもあくまで適切な量の場合です。
汗は体の水分ですので出しすぎると脱水症状に陥り、熱中症になりやすくなります。

水分が減ってしまうとお腹の中の赤ちゃんに送る栄養も減ってしまいますので気をつけましょう。

水分補給も普通であればスポーツドリンクがいいのですが妊婦の人には糖分が多いので
飲みすぎないようにしましょう、日頃の食事でしっかり栄養をとり、
ミネラルウォーターで水分を補給しましょう。

まとめ

体が丈夫な男性がなりやすいのは意外でしたね。
男性と書いていますが、日頃から運動をしている女性も筋肉がつき、
脂肪が減るので注意が必要ですよ。

夏は体の露出も多くなりますから肥満体質の人は健康の為にもがんばりましょう!
簡単なダイエット方法をこちらで書いてますので参考にしてみてください!
簡単に誰でもできる水ダイエットで痩せよう!ぽっこりお腹とバイバイ!

以上が簡単ですが熱中症になりやすい人の体調や体質と特徴になります。

当てはまる人は気をつけてくださいね!

 - 健康・病気

LINEで送る
Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

エゴマ
エゴマ油は認知症やダイエットに効果的?使い方や効能は?

油と聞くとダイエットには向かないと思われがちですが エゴマ油は違います。従来の油 …

キシリトールガム
キシリトールガムの虫歯予防効果は噛み方で変わる?

コンビニなどでよく見かけるキシリトールガム なんか歯にいいらしいから といったく …

首が痛い
寝違えた時の首の痛みを治す方法と原因!短時間ストレッチ!

寝違えて首が痛い・・ そんな経験はみなさんしているでしょう 私もたまに寝違えて治 …

フルーツ酢
フルーツ酢がダイエットや美容に効果あり?作り方や飲み方は?

お酢がダイエットや美容に効果がいいのはご存知だと思います。 でも、ちょっと飲みづ …

手足口病
手足口病の症状と対策、大人にもうつる!妊婦への影響は?

夏になると子供達の間で流行する「手足口病」 感染者の9割が5歳以下のようです。 …

熱中症
熱中症になりやすい環境と場所の条件とは

炎天下で運動している人だけが熱中症になると思っていませんか? 熱中症になるのは外 …

a0001_016385
子供や幼児、赤ちゃんが熱中症になりやすい理由とサイン

熱中症は特に12歳未満の子供がなりやすいと言われています。 乳幼児は自宅と屋外で …

快眠
塩枕で暑い夜も寝苦しくない!その効果と作り方とは?

暑い夜や眠れない夜・・ そんな時に効果が抜群と言われているのが 塩まくらです。 …

煙草
煙草をやめてよかったこと、やめないでよかったことは?

今の若い人は煙草を吸う人が少ないけれど 30代以降の年代の人はやっぱりまだまだ …

皮がむける
手足の指の皮がむける理由とは?原因を知って対処しよう!

なんでか知らないけど、 指の皮がむけてる・・ 水虫かなぁ?やだなぁ・・ とか悩ん …