LALABIKO

芸能情報から美容、健康等、気になる事を記事にしていきます。

熱中症になる前に4つの症状と原因、対処方法と予防を知ろう

   

熱中症とは暑い時に起こりやすい健康障害の総称です。
ただ熱中症になったというだけではなく、
どの症状なのかを知らなければ最適な治療ができません。

まずは症状の種類を覚えて備えましょう。

自分のためだけではなく、周りの家族や友達が熱中症になってしまった場合にも役に立ちます。

nessyabyou

特に夏は子供が外で遊んだり、部活で外で運動することも多い為、
熱中症にかかってしまう事が非常に多いです。
毎年ニュースで騒がれていますね。

これは子供に知識がなく、運動等でただ疲れただけだと思って放っておく為、
症状が悪化するからです。

最近は少なくなって来ましたが厳しい先生は疲れても休ませなかったりで
倒れてしまうこともありますね。

こういった場合、子供に話をしておけば自分で症状に気づき、
対策できるので最悪な結果を招かない事に繋がります。
その子供が周りの友人たちの異変に気づく事も非常に大切だと思いませんか?

その為の知識を簡単にでも覚えていきましょう。

名称と原因、症状、対策を簡単にですが紹介していきます。

スポンサーリンク

1.熱失神(ねつしっしん)

熱中症の中では、初期症状とされている症状です。
自分で調子が優れないと思っても熱失神と気づけなく、
失神してしまってから対応することが多いです。

めまいや貧血を起こした場合は熱失神を疑いましょう。

原因

人間は体を冷やす為に血液の流れを利用しています、

血液を手足に送ることで熱を放射して血液の温度を下げているのです。

体温があがることで体を冷やそうと熱を放射する為に末梢血管が拡張され、
一時的に手足に血液がたまり、体全身に送られる血液が少なくなってしまいます。

血圧が低下し、脳や内蔵へ行く血液が少ない為、貧血等を起こします。
特に体を動かしている時に起こりやすい症状です。
長時間に渡り、炎天下で運動をしている場合は気をつけましょう。

症状

  • 顔色が悪くなり、脈拍が速くなる
  • めまいや唇のしびれ
  • 貧血
  • 一時的な軽い失神

対処方法

失神した場合は一時的ですぐに意識が戻る事が多いです。
木陰に行くなど日差しの少ない涼しい場所で安静で水分を補給しましょう。
血流が安定してくると回復します。

症状が重い場合は、嘔吐やショック症状を起こして水分を取れないことがあります。
その場合はすぐに救急車を呼びましょう。
病院で点滴が行われ、数十分から数時間で安定します。

予防

小まめに水分を補給と氷等で体を冷やす事が大切です。
水分は水ではなくスポーツドリンク等、塩分が入っているものを取りましょう。
水に塩とレモン汁を入れたもの等もおすすめです。

熱痙攣(ねつけいれん)

熱痙攣では自分で動けないこともあります、すぐに周りの人に助けを求めましょう。
筋肉が痙攣を起こしたした場合は熱痙攣を疑いましょう。

原因

汗をかくと体の中の塩分(ナトリウム)と水分が失われます。
汗をかいたからと、水分だけを大量に取ってしまうと体の塩分が薄まってしまい痙攣を起こします。
熱けいれんを起こすと手足や腹部の筋肉が強く収縮してしまい、痛みを生じます。

内蔵や血管の壁などを形づくっている筋肉である平滑筋が痙攣を起こすことで内蔵を圧迫し、
腹痛や嘔吐することもあります。

症状

  • 手足や腹部の痙攣
  • 腹痛や頭痛、吐き気
  • 手足をつる
  • めまい
  • 倦怠感

対処方法

軽度の熱痙攣であれば塩分を含んだ飲み物や食べ物を取りましょう。
食塩を水に溶かしたもの(0.1%~0.2%程度)を1~2リットル飲むことも有効です。

筋肉が痙攣を起こしている場合はマッサージをすることで痛みはすぐに収まります。
重度の場合はすぐに救急車を呼びましょう。
病院で静脈から水分と塩分を補給します。

予防

水分の補給は大事ですが、水だけではなく塩分を含んだ物にしましょう。
スポーツドリンクや塩とレモン汁を溶かした水等がおすすめです。

熱疲労(ねつひろう)

夏バテだと思っている方は多いと思いますが、
夏バテは「熱衰弱症」と呼ばれる様々な症状のことです。

「熱衰弱症」は倦怠感、イライラ感、無気力、食欲不振などの
夏の暑さで起こる症状の総称で、病名ではありません。

皮膚が青白く、体温が正常なら熱疲労を疑いましょう。
熱失神と熱痙攣が重くなった症状だと思ってください。
意識がないなど、錯乱状態の場合はすぐに病院に行きましょう。

原因

大量に汗をかき、水分をきちんと補給していない。
熱痙攣より水分や塩分が少ない状態です。

熱を体の外に放射させようとして末梢血管が拡張され、それによって血圧が低下することで引き起こされます。

症状

人により様々な症状が起こります。

  • 脱力、倦怠感、疲労感
  • 吐き気、嘔吐、口渇
  • 目眩、頭痛、立ちくらみ
  • 興奮、筋肉痛
  • 昏睡、失神
  • 皮膚が蒼白くなり
  • 大量の発汗によるショック症状
  • 錯乱状態に陥る
  • 体温は平熱の場合もあれば39度程になる場合もある
  • 皮膚は冷たく、体温が高く、汗をかく

対処方法

涼しい場所に移動し、衣服を緩めて、足元を高くして休ませます
こまめに塩分を含んだ飲み物を取り、体を冷やしましょう。
体を冷やす場合は動脈に氷のう等をあてて冷やすと良いです。

意識がなかったり錯乱、血圧の低下、呼吸が荒いなど重度な場合はすぐに病院へ行きましょう。
病院で静脈から点滴を行います。

予防

熱失神と熱痙攣と同じ予防の仕方になります。
日傘や防止等で直射日光を避けましょう。
最悪死に繋がることもありますのでしっかり予防しましょう。

熱射病(ねっしゃびょう)

熱射病は、熱中症の中で一番重いとされる症状です。
すぐに病院に行きましょう。

原因

汗をかくより体温の上昇が速く体温が上昇し続ける。
体温は外気の温度高いと体温を低下させようとして汗を出します。
外気の温度が高く体温の低下が追いつかない為に熱射病になります。

症状

40度を超えてしまうと体温を調節できなくなり、
体は熱いのに汗が止まり、臓器に障害がでてしまいます。

41度を超えると体内のタンパク質が破壊され、
腎臓の機能が失われ、尿が排泄されなくなります。

  • 顔面蒼白、目眩、頭痛、立ちくらみ
  • 唇が青くなるチアノーゼ
  • 筋肉痛、虚脱感、倦怠感
  • 吐き気、嘔吐
  • 目のかすみ、知覚異常
  • 昏睡状態、けいれん発作
  • 皮膚が熱を持ち、赤く乾燥する

対処方法

「熱失神」、「熱けいれん」、「熱疲労」と同じ対処方法が必要になります。
全身に水をかけるなど、とにかく身体を冷やすことが重要です。

首すじや脇の下、太ももの付け根などの血管を水や氷のう等で冷やすと効果的です。
足を高くし、手足を先端から中心にマッサージする。
吐き気や嘔吐などで水分が取れない場合には病院で点滴を受けましょう。

予防

「熱失神」、「熱けいれん」、「熱疲労」と同じ予防になります。
もはや熱射病にまでなってしまったら予防も何もありません。

熱中症(ねっちゅうしょう)

ここまで説明した4つの症状の総称が熱中症になります。
炎天下でたくさん汗をかき、体内の水分が不足し脱水症状を起こすことが主な原因となっています。

また、運動をしていなくても、高温で多湿な場所にいるだけでもなってしまいます。
室内でなってしまう人も非常に多いので、外に出ないから大丈夫だと思わないでください。

本人に自覚がないことも多いので周りが気づくことも重要です。

熱中症の予防

高温・多湿の所に長時間いないようにし、
小まめな塩分を含む水分補給と直射日光を避け、体温を冷やす事が重要です。
日頃の食事でも栄養をしっかり取りましょう。

まとめ

以上が熱中症の症状と原因、対処方法と予防になります

最近では熱射病と日射病のくくりは同じになっているそうです。

夏は熱射病だけでなく、その暑さから食べ物も腐りやすいなど、様々な危険があります。
せっかくの夏を体調不良なんかで無駄にしないように健康には気をつけて楽しみましょう!

 - 健康・病気

LINEで送る
Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

手足口病
手足口病の症状と対策、大人にもうつる!妊婦への影響は?

夏になると子供達の間で流行する「手足口病」 感染者の9割が5歳以下のようです。 …

キシリトールガム
キシリトールガムの虫歯予防効果は噛み方で変わる?

コンビニなどでよく見かけるキシリトールガム なんか歯にいいらしいから といったく …

エゴマ
エゴマ油は認知症やダイエットに効果的?使い方や効能は?

油と聞くとダイエットには向かないと思われがちですが エゴマ油は違います。従来の油 …

煙草
煙草をやめてよかったこと、やめないでよかったことは?

今の若い人は煙草を吸う人が少ないけれど 30代以降の年代の人はやっぱりまだまだ …

皮がむける
手足の指の皮がむける理由とは?原因を知って対処しよう!

なんでか知らないけど、 指の皮がむけてる・・ 水虫かなぁ?やだなぁ・・ とか悩ん …

natu_fumira_soft
子供や幼児、赤ちゃんが熱中症になった時の対処と予防方法

夏は熱中症で倒れたというニュースが多くなりますね。 夏になると外で遊ぶ機会が多く …

首が痛い
寝違えた時の首の痛みを治す方法と原因!短時間ストレッチ!

寝違えて首が痛い・・ そんな経験はみなさんしているでしょう 私もたまに寝違えて治 …

筋トレ
筋トレの効果を引出す毎日のメニューの考え方

筋トレはただ行うだけではあまり意味はありません。 筋トレの効果を最大限引出すため …

快眠
塩枕で暑い夜も寝苦しくない!その効果と作り方とは?

暑い夜や眠れない夜・・ そんな時に効果が抜群と言われているのが 塩まくらです。 …

熱中症
熱中症になりやすい環境と場所の条件とは

炎天下で運動している人だけが熱中症になると思っていませんか? 熱中症になるのは外 …