LALABIKO

芸能情報から美容、健康等、気になる事を記事にしていきます。

重曹歯磨き粉の作り方と磨き方!やり方を間違うと危険?

      2015/06/04

様々な使用用途がある重曹

重曹うがいだけではなく
歯磨きにだって使えます。

歯のヤニや黄ばみが気になる方は是非やってみてください。

重曹うがいだけでもいいんですけど重曹を使って歯磨きをすることで、
ホワイトニング効果が高くなります。

重曹が歯についた時に起こる化学反応のおかげで、
ホワイトニング効果や虫歯予防ができます。

口の悩みを色々解消してくれるので助かります!

重曹歯磨き粉の作り方や磨き方、効果や危険性について、紹介していきます。

スポンサーリンク

重曹歯磨き粉の作り方

重曹歯磨き

作り方というほどのものではないですw
歯ブラシの先を濡らして重曹をちょっとつけるだけといった簡単なものです。

使用する重曹は食用のものを選びましょう。

重曹の量は歯ブラシに付いてきた量だけで大丈夫です。
少ないと思ってつけすぎちゃうと逆効果ですよ。

見た目としては歯ブラシの先が隠れる程度です。

重曹だけだとしょっぱいしペースト状にしたいという方は
ハッカ油とグリセリンを重曹に混ぜて重曹歯磨き粉を作るのもありです。

歯磨きのやり方

重曹は研磨力が強いので一箇所を集中して磨くのではなく、
全体をまんべんなく磨くようにします。

慣れてくるまでは軽く当てて磨くことを心がけましょう。

ゆっくりと時間をかけてやさしく磨く。

また、重曹歯磨きは大体週3回程にし、
一度に大量な重曹を使わないようにしてください。

重曹歯磨きをしない日は普段使用している歯磨き粉を使用して
歯磨きをしてください。

歯ブラシのオススメは毛先が細くて柔らかいものです。

重曹歯磨きの効果

  • 歯の黄ばみや黒ずみを取る
  • タバコのヤニなどのステインを落とす
  • 歯のホワイトニング効果がある
  • 白くツルツルの歯になる
  • 舌も磨けば綺麗になります
  • 口臭が減る
  • 就寝前に磨くと翌朝の口の中がネバネバしない
  • 虫歯予防になる
  • 初期の虫歯であれば治る可能性がある

重曹には酸を中和してくれる性質があります。
虫歯や口臭は「口の中が酸性になる時間が長い」ということが原因ですので、
酸を中和してくれることでその予防や治療促進してくれます。

また、重曹には細かい粒子があるため、高い研磨力があります
その粒子が歯の黄ばみなどを落としてくれます。

重曹歯磨きの危険性

いいことばかりではありません。
間違った使い方をすると危険ですよ。

重曹は塩分が高いので塩分の摂取を制限されている人は使用しないようにしましょう。
重曹を大量につけてしまう場合も塩分の摂り過ぎになりますので気をつけましょう。

重曹は研磨力が強いので大量につけたり強く磨くと
歯や歯茎を痛めてしまいます。

歯を強く磨いてしまうと、エナメル質が傷つき、知覚過敏になったり、
着色汚れが付きやすくなってしまいます。

歯のエナメル質は元に戻せないので気をつけて磨きましょう。
また、エナメル質が剥がれすぎると歯の象牙質が見えて黄ばんでいるように見えます。

重曹歯磨きはやり方を間違うと取り返しのつかない事になってしまいます。
怖いなーと思う方は重曹うがいだけでも効果がありますので、
重曹歯磨きはしなくても大丈夫です。

まとめ

いかがでしょうか
重曹歯磨きの効果は勿論高いですが、
やり方を間違えると危険ですね。

ビビリながら磨くくらいがちょうどいいかもしれません。

普段の歯磨きでついつい力を入れて磨いてしまうような人は
避けた方がよさそうですね。

やり方は間違えないから大丈夫!
という人は自分好みの歯磨き粉を作るのも楽しそうですねw

ミントなんか入れておしゃれな歯磨き粉を作れそうですw

重曹うがいの記事もありますので是非目を通してくださいね。
重曹うがいで虫歯予防!口臭やホワイトニングも効果抜群!

重曹の特徴などをまとめた記事もご一緒にどうぞ。
重曹を掃除に使うだけじゃ勿体無い!色々な使い方を紹介!

私が実際に試している実践報告もどうぞ!
重曹うがいと歯磨きを実践してみた経過報告!

 - 健康・病気

LINEで送る
Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

nessyabyou
熱中症になる前に4つの症状と原因、対処方法と予防を知ろう

熱中症とは暑い時に起こりやすい健康障害の総称です。 ただ熱中症になったというだけ …

natu_fumira_soft
子供や幼児、赤ちゃんが熱中症になった時の対処と予防方法

夏は熱中症で倒れたというニュースが多くなりますね。 夏になると外で遊ぶ機会が多く …

煙草
煙草をやめてよかったこと、やめないでよかったことは?

今の若い人は煙草を吸う人が少ないけれど 30代以降の年代の人はやっぱりまだまだ …

熱中症
熱中症になりやすい環境と場所の条件とは

炎天下で運動している人だけが熱中症になると思っていませんか? 熱中症になるのは外 …

乳がん
乳がんはセルフチェックして早期発見を心がけよう

乳がんは16人に1人がかかると言われています。 はっきりとした原因は解明されてい …

カロリーゼロ
糖質ゼロやカロリーゼロでも太る!実は少し入ってますよ

糖質ゼロやカロリーゼロと謳っている ゼロ系の食品や飲料は多いですよね。 糖質ゼロ …

手足口病
手足口病の症状と対策、大人にもうつる!妊婦への影響は?

夏になると子供達の間で流行する「手足口病」 感染者の9割が5歳以下のようです。 …

ひまわり
熱中症になりやすい人の体調や体質と特徴

夏は要注意な熱中症になりやすい人の体調や体質と特徴をまとめてみました。 熱中症の …

快眠
塩枕で暑い夜も寝苦しくない!その効果と作り方とは?

暑い夜や眠れない夜・・ そんな時に効果が抜群と言われているのが 塩まくらです。 …

フルーツ酢
フルーツ酢がダイエットや美容に効果あり?作り方や飲み方は?

お酢がダイエットや美容に効果がいいのはご存知だと思います。 でも、ちょっと飲みづ …