LALABIKO

芸能情報から美容、健康等、気になる事を記事にしていきます。

日焼け後にするアフターケアの正しいやりかた!

   

日焼け後のアフターケア

紫外線は夏だからといって7~8月だけ気をつければいいものではありません。

紫外線が強くなってくるのは5月~8月です。
曇りの日も60%の紫外線が降り注いでます。

紫外線対策がばっちりだといえど
長時間の外出では完璧に防ぐことはできません

どうしてもある程度の日焼けはしてしまうものです。

紫外線対策をしていない場合等は日焼けによってシミができてしまう
などすぐではないけれど、時間が経つと出てくるものもあります。

紫外線対策だけではなく、日焼けをした後のアフターケア
行うことも大切です。

今回は日焼け後にする正しいアフターケアを紹介していきますね。

スポンサーリンク

とにかく冷やす

日焼けをした後は冷やす事が大切です
大したことないと思っても日焼けとは火傷ですからね。

冷やし方

冷たいシャワーや水風呂に入る。
長時間浸かると体を冷やしすぎて体調を崩すので注意してください。

その後、保冷剤や袋に氷を入れて日焼け箇所を冷やす
タオルを軽く濡らして使うのもおすすめです。
腕や足などであれば巻いて冷やせます。

水分補給

日焼けは火傷ですから、皮膚の細胞が傷ついています。
そのため、水分を保つ力が弱くなっています。

水を飲んだり濡れたタオルを日焼け箇所にあてて
体の内と外の両方から水分補給をしましょう。

新陳代謝が高まり、日焼けの治りがはやくなります。

保湿

肌のクールダウンが終わったら化粧水で保湿します。
ただし、化粧水やクリームは肌に刺激を与えるため、
赤くなりすぎていたり、痛みを感じる箇所は治るまで避けましょう。

化粧水やクリームを使えない場合は水分補給をしっかりしてケアします。

化粧水で保湿をしたらクリームを塗って、肌を保護して水分が逃げるのを防ぎます。
日焼け後は肌を乾燥させないことも重要です。

症状がひどい場合は病院に行きましょう。

栄養を取る

日焼けした肌のダメージを回復させたり、シミを防ぐ栄養をとります。

普段よりも意識して積極的に取りましょう。
日焼け後だけではなく普段から取ることで健康にも美容にもいいものです。

ビタミンA

免疫機能を高めて、日焼け後のダメージ回復促進
多く含まれる食材:レバー、卵黄、うなぎ、牛乳などの動物性食品

脂溶性のビタミンなので摂りすぎると体内に蓄積されます。
過剰摂取は頭痛や吐き気等の副作用が起こる可能性があります。

βカロテン

抗酸化作用で活性酸素を抑える
多く含まれる食材:トマト、にんじん、しそ、かぼちゃなどの緑黄色野菜

βカロテンは体内のビタミンAが不足すると、ビタミンAに変化します。
こちらは沢山摂取しても必要な分しかビタミンAにならないので体に影響はありません。
ビタミンAを取るならβカロテンを取ることをおすすめします。

ビタミンC

紫外線によって増えるメラニンの生成を抑えてくれます。
しみやそばかすに効果があり、肌を活性化させます。

多く含まれる食材:レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの
柑橘系の果物や、緑黄色野菜に多く含まれます

ビタミンCは体内に必要な量以外は排泄されますので、
毎日こまめに摂るようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンCの効果を高める働きをする。
肌の新陳代謝を高める。
ビタミンCと一緒に摂取することで日焼けの回復に効きます。

多く含まれる食材:アボカド、大豆、ゴマ、ナッツなど

たんぱく質

肌を構成する要素。
しっかりと摂ることで肌を再生させます。

多く含まれる食材:魚、肉、大豆食品など

ビタミンACE(エース)

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの三つは
美肌に欠かせない栄養が豊富に含まれていて、
ビタミン(ACE)と呼ばれています。

基本的にビタミンAとβカロテンは同じ扱いをされていることが多いですが
実際は違う成分です。
βカロテンはビタミンAに変化する性質があるため同じ扱いをされています。

シミにしないために

痛みが引いたからといってケアを怠るとシミになってしまいます。
一度日焼けになってしまえば、着実とシミになる働きが進んでいます。
夏場はなるべく毎日、化粧水やクリームで肌のケアをするようにしましょう。
ケアをすることでシミの働きを抑えてくれます。

一度日焼けをしたあとは肌を完全に隠さないと紫外線を浴びて
シミになりやすくなっています。
長袖を羽織るなどして、肌を直接日光に当てないように心がけましょう。

どうしても暑い場合は、日傘日焼け止め
しっかり塗って日差しを避けて行動しましょう。

日焼け止めは汗などで流れてしまうのでこまめに塗り直すようにします。

新たな日焼けはシミになってしまう可能性が高まるので注意しましょう。

しっかり睡眠をとる

日焼けをすることにより体全体が疲れていますので
ケアが終わったらなるべく早めに寝て体力を回復させましょう。

新陳代謝を良くすることで肌の再生がはやくなります。

皮が剥けてきたら

無理に剥かないようにします。
剥いてしまうと一緒に新しい皮も剥げたり
赤くなったり痛みがでることもあります。

皮がめくれてきたら、クリーム等でやさしく撫でましょう
撫でて自然と剥がれた皮だけを拭き取るようにします。

まとめ

日焼けは夏最大の敵ですよね。
私は川に長い間入って遊んでいたら
ひどい日焼けになってしまい、そのままシミになってしまって
後悔しています。

あの時にきちんとした対応を知っていたら・・と思いますね。

みなさんは正しい方法を覚えてしっかり日焼けの
アフターケアをしてくださいね。

対処を知ってると知らないではすぐ影響はでないかもしれませんが
数年後シミになって出てきたりしますので気をつけましょう!

 - 美容

LINEで送る
Pocket

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

フルーツ酢
フルーツ酢がダイエットや美容に効果あり?作り方や飲み方は?

お酢がダイエットや美容に効果がいいのはご存知だと思います。 でも、ちょっと飲みづ …

ニーム茶
ニーム茶がダイエットに効果あり!苦いけどデトックス効果が高い!

ニームは、センダン科の常緑樹で、インドで別名「村の薬局」と呼ばれています。 様々 …

アボカド
アボカド種茶で楽々ダイエット!作り方や飲み方!

普通は捨ててしまうアボカドの種 この種にダイエットに効果的な成分である食物繊維の …

おでこ
おでこのニキビはできやすい!その理由と対処方法

中々治らない方は多いのではないでしょうか。 そんなことはありません、実は治りやす …

yo-guruto
ヨーグルトメーカーでヨーグルトを自作して便秘解消でおいしくダイエット!

昔私のおばあちゃんもヨーグルトを自作していました! でも作り方はなんだかばっちい …

コールドプレスジュース
コールドプレスジュースの作り方と効果とは

出典:cafeglobe.com ニューヨークで人気のコールドプレスジュース ダ …

ぽっこりお腹
恥ずかしいポッコリお腹!ダイエットで下腹を引き締める方法

ポッコリお腹ってテレビで見るような お腹を凹ませる方法を試しても中々落ない人が …

no image
お腹だけぽっこりして痩せない?原因をしっかり治そう!

ぽっこりお腹が中々治らない 太っているわけじゃないのにお腹だけぽっこり そんな人 …

卵殻膜
卵殻膜化粧品の美肌効果がすごい!成分とその効果

美しい肌や美しい髪は幾つになっても 憧れですよね。 若い頃はあまり悩むこと はな …

おへそ
美へそダイエットでくびれを作ろう!方法や効果は?

おへそのツボを押したり、温めるだけ そんな簡単な美容法や簡単に くびれを作る方法 …